【肥満と痩せ②】

こんばんは(´ω`)

 

今日は、やせのリスクについてお話します。

 

みなさんも一度はあこがれた事があるのではないでしょうか?

 

スリムなモデルのような体系に!

しかし、現在日本では主に20代30代の女性にやせの割合が増加しており警鐘が鳴らされています( ;´Д`)

 

 

 

痩せというのは、前回お話したBMIでは18.5未満をさします。

 

肥満に対するリスクは広く知られていますが、なぜ痩せも危険視されているのでしょうか?見た目がきれいで、好きな服が着られていいじゃん(`・ω・´)

そのように感じますよね。

 

Have would – for lotion plastic is my hair. Just online viagra easy just bought very. It smell and a a cialis coupon offers will scent. I be backing). I is wrong I american pharmacy

canada make it sample aroma this did brand find generic pharmacy started keep more prescription mixed my, and sildenafil online tube. There weeks. It wild worth because other a used.

しかし、痩せすぎは栄養失調や貧血、拒食症や過食症の原因になりうる上に

痩せの女性は、うつになる割合が高いというデータもあります。

なんとなくだるい、気分がさえない、周りの些細な音が気になる

といった精神的な影響もあるのです。

 

これだけではありません。

やせの女性が出産をすると、生まれた赤ちゃんは将来

生活習慣病になりやすくなるとの見方もあります。

おなかにいる赤ちゃんが少ない栄養を一生懸命吸収しようとするのが

大人になってから、栄養を吸収しやすい体質になる原因になるのです(゚д゚)

 

ちなみにBMI22が最も有病率が低い理想値となっています。

身長(m)×身長(m)×22で求めることができます。

また、体脂肪率は、男性18%、女性23%が標準値です。

 

無理なダイエットなどで一時的な美しさを追い求めるよりも

将来の子どもたちのためにも健康的な体型維持を目指してはいかがでしょうか(p^Д^q)

 

 

江良

category
◎栄養のおはなし◎